• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 人事委員会事務局 > 静岡県職員採用情報 > 静岡県庁の紹介 > 令和元年度先輩職員の声 > 令和元年先輩職員の声・電気(中堅)

ここから本文です。

更新日:令和元年12月2日

静岡県職員採用 ともに創ろう!静岡の未来

先輩職員の声

山本 知彦

所属 交通基盤部 建設支援局 設備課

職種 電気

入庁年 平成21年

※掲載している職員の所属や業務内容は、令和元年11月現在の情報です。

これまでの職務経歴と、そこでどのようなエピソードがあったか教えてください。

平成21年 企業局東部事務所
岳南出張所
安定した工業用水の供給を行うため、浄水場の電気設備、機械設備の維持管理に携わりました。プラント設備で規模も大きく、設備の操作一つ一つに責任の重さを感じたのを覚えています。
平成23年 危機管理部
防災通信課
防災行政無線、衛星携帯電話、情報共有システムなどの通信機器の維持管理に携わりました。また、東日本大震災で災害派遣隊として岩手県へ支援活動をしてきました。
平成25年 企画広報部
情報統計局
電子県庁課
庁内LAN、サーバ等の維持管理に携わっていました。職員が働きやすいように調整をしたり、セキュリティを担保するためにSEと打合せをしたり、日々奮闘していました。
平成27年 静岡県立浜松技術専門校 職業訓練指導員として電気工事士を育成するための訓練業務に携わりました。また、訓練生の就職活動への支援も行っていました。
平成30年 交通基盤部
建設支援局
設備課(現職)
学校や警察署など施設ごとで用途が異なるため、施設利用者に合わせた設計、工事監理をすることが大切です。その都度、施設担当者と調整しながら業務を行っています。

ある一日のスケジュール

8時30分 予定確認
メール確認
1日の予定を確認します。
メールを確認し、必要に応じて返信します。
9時00分 書類確認 工事業者や設計業者から提出された書類等を確認します。
10時00分 打合せ(庁内) どのように工事を行うか、施工図面や工事工程の確認を行いながら工事業者と打合せをします。
12時00分 昼休み 基本的には家からお弁当を持参しています。
先輩や同僚職員と外食することもあります。
13時00分 工事監理(出張)
設計打合せ(出張)
工事現場で工事の進捗状況、施工方法などについて、施工状況を確認します。
設計の場合は設計図面が現場と合っているか、その工法で工事ができるかを判断するために確認を行います。
16時30分 書類作成、書類整理
メール確認
工事現場で提出された書類、出張中に届いたメールや書類等を確認します。
17時15分 勤務終了

現在、どんな部署でどんな仕事をしていますか?

県有施設(庁舎、県立高校、警察署など)の電気設備について、新築や改修を行うための設計・工事監理を行っています。

これまで仕事をしてきた中で、最もうれしかったこと、印象に残っていることはどんなことですか?

技術専門校で勤務していた当時、訓練生が将来幸せに暮らしていけるようにしていくことが自分の使命であると感じながら技術指導や就職支援をしていました。勤務していた3年間で多くの訓練生が卒業後に会いに来てくれたことが非常にうれしかったです。中には結婚や住宅購入のことや、楽しく職場で働いている様子を教えてくれる卒業生もいて、その近況報告を受けながら自分自身も幸せを感じていました。

県職員の仕事の「やりがい」「魅力」は何ですか?

震災直後、静岡県隊は被災した岩手県に調査に入り、県と市町の連合チームを結成して独自に災害支援活動を続けてきました。非常事態に対して、県内の市町に呼びかけをし、連合チームとして協力して広域的に活動をすることができる、そのような大きなことができるのは、県としての魅力の一つだと思います。その一員として支援活動ができたことを誇りに思います。

これから目指す県職員像、今後やりたい仕事等をお聞かせください。

人手不足の中で、急速な技術の進歩に対応しながら、電気の技術職として県の仕事をしていくためには、様々な視点を持った人物が重要になってくると思います。そのためには、これまでに取得してきた電気主任技術者や職業訓練指導員免許などの資格を生かしながら、様々な部署で実務経験を積み重ねる必要があると感じています。

終業後や休日の過ごし方について教えてください。

普段は家族と過ごすことが多いですが、時には趣味の野球や友人とのバーベキューなどを楽しみ、休日にリフレッシュすることを心がけています。

その他、特に伝えたいこと

大学の専門が情報系でしたが、現在は自分で調べたり、先輩職員や同僚に聞いたりしながら電気職として仕事をしています。仮に専門が違うことで、技術職に就職するか悩んでいるのであれば気にする必要ありません。専門が異なるからこそ、違った視点から物事が考えられるという強みもあるかと思います。静岡県の電気職の中には工学系だけでなく理学系や情報系出身者も多数いるので、活躍する場は十分にありますよ!

先輩職員の声

電気

入庁年:平成29年

佐原 健太

電気

入庁年:平成28年

原口 卓也

電気

入庁年:平成21年

後藤 貴順

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?