ホーム > 県警について > 110番は「緊急通報専用」の電話です > 「110番」を適切に利用するには?

ここから本文です。

更新日:平成29年6月20日

「110番」を適切に利用するには?

110番は、事件・事故等の緊急通報電話です。

事件・事故の被害にあったり、目撃したときなどは、ためらわずに110番通報してください。

110番通報の際の「6つのお願い」

  • 何がありましたか?(What)
    事件・事故の種別・内容は?~被害程度?負傷者は?
  • 今どうなっていますか?(How)
    けが人の有無、被害の程度は?
  • どこでありましたか?(Where)
    住所は?目標となる建物(銀行など)は?
  • いつありましたか?(When)
    何時何分ころ?何分くらい前?
  • 犯人は(人数・特徴等)?(Who)
    現場にいますか?逃げましたか?逃走手段(車両ナンバー)は?・逃走方向は?
  • あなたの住所、氏名、電話番号は?
    被害者?・目撃者?・連絡先は?

パトカーや警察官を派遣するためには、場所の特定が重要です。

通報場所、事件・事故現場の住所、または目標となる建物を教えてください。

110番は、県下一円からの通報を110番センター静岡(静岡市葵区追手町)で受理しています。複数の市区町に同じ町名があります。

場所の特定に支障が生じることがあるので、住所は、市区町名から教えてください。

実例

沼津市:泉町

静岡市:駿河区泉町

浜松市:中区泉町

など

間違えた時には、黙って切らないでください。

事件・事故として対応することとなります。

間違えた時には、間違えたと伝えてください。

携帯電話は、電波の状態によって突然切断されることもあります。

立ち止まって通話してください。

通話後も携帯電話の電源を切らないでください。

県境付近の携帯電話は、隣接する県の警察本部に接続される場合もあります。

接続された県の警察本部が場所等を聴取し、対応すべき県の警察本部に転送等の措置がとられます。

110番の重要性をご理解いただき、ご協力をお願いします!

  • 警察担当業務に関する照会・相談等は、各種窓口警察署・交番等へご連絡ください。
  • 警察担当業務以外の相談等は、担当する機関等へ直接相談してください。

110番通報の中には、「いたずら、間違い電話、問い合わせ」が多く含まれており、急を要する110番通報がつながりにくい要因となっています。

お問い合わせ

静岡県警察本部地域部通信指令課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)