ホーム > 交通安全 > 交通事故をなくそう! > 総合的な交通事故防止対策推進中

ここから本文です。

更新日:平成29年7月18日

総合的な交通事故防止対策推進中

静岡県警では、高齢者に重点を置いた交通事故防止対策を推進しています。

高齢者事故防止対策

夕暮れ時から夜間にかけて、歩行中の高齢者が被害に遭う交通事故が目立ちます。歩行者、自転車の方は反射材の着用を、ドライバーの方は早めにライトを点灯しましょう。

長年の経験から運転に自信のある高齢ドライバーの方も多いと思いますが、加齢による身体能力の低下を自覚し、体調の悪い時には運転を控え、無理な運転をしないよう、お願いします。

飲酒運転根絶対策

飲酒運転は悪質・危険な犯罪です。

依然として飲酒運転による悲惨な交通事故が後を絶ちません。一人ひとりが「飲酒運転を絶対にしない、させない」という強い意志を持って、飲酒運転を根絶しましょう。

シートベルト着用対策

シートベルト・チャイルドシートは大切な命を守ります。

車に乗ったら全員着用。後部座席の人も忘れずに!

自転車安全利用対策

自転車は車の仲間です。

自転車安全利用五則を守り、安全に通行しましょう。

交通安全体験車

出前方式での交通安全活動ができます。

高齢者、地域団体、学校、会社で交通安全教育に、ご利用ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県警察本部交通部交通企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)