ホーム > 県警について > 静岡県警察のご案内 > 警察音楽隊 > 音楽隊ってどんな仕事をしているの?

ここから本文です。

更新日:平成29年7月18日

音楽隊ってどんな仕事をしているの?

音楽隊は現在、警察官・警察行政職員・非常勤嘱託職員で編成されています。

県下各警察署と協力し、演奏を通じて皆様に警察を身近に感じていただけるよう、県民と警察を結ぶ「音の架け橋」として演奏活動を行っています。

おとのかけはし

演奏活動

音楽隊の仕事(演奏活動)

派遣要請に応じていろいろな場所で演奏活動を行っています。また、子どもから高齢の方まで幅広い世代の方に楽しんでいただけるよう様々な曲を演奏します。

また、演奏にあわせてカラーガード「ピュアエンジェルズ」がダイナミックな演技を行っています。

自主企画演奏会

音楽隊の仕事(自主企画演奏会)静岡県警察音楽隊では、より効果的な広報を行うことを目的とした「3つの自主企画演奏会」を行っています。

「ミュージック・パトロール」

各駅周辺や複合商業施設等、多くの方が集まる施設を中心に実施する「その地域に応じた各種事件・事故防止の広報」を目的とした演奏会です。

「シニア・ミュージック・パトロール」

高齢者福祉施設を中心に実施する「高齢者が被害に遭う交通事故防止や振り込め詐欺被害防止の広報」を目的とした演奏会です。

「キッズ・ミュージック・パトロール」

夏休み・春休みの期間に市町が管理する放課後児童クラブ等で実施する「子どもたちの交通事故防止や連れ去り事案・わいせつ事案防止の呼びかけ」を目的とした演奏会です。

演奏訓練

音楽隊の仕事(演奏訓練)

皆さんによりよい演奏を聴いていただくため、個人練習、パート練習、合奏と日々訓練に励んでいます。

多少の苦労はありますが、聞いてくださる方に少しでも笑顔になっていただけるよう努力を積み重ねています。

お問い合わせ

静岡県警察本部総務部広報課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)