がん患者の就労支援

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1046569  更新日 令和5年1月20日

印刷大きな文字で印刷

がんと診断されますと、依願退職又は解雇などにより仕事を辞めてしまう方が多いですが、医療の進歩によりがん患者様の多くが早期に退院し、社会に復帰できる状況となっております。当ページでは両立支援に係る相談窓口やガイドラインを掲載しています。

がん相談支援センター

「がん相談支援センター」は、県内の「がん診療連携拠点病院」や「小児がん拠点病院」「地域がん診療病院」等に設置されている、がんに関するご相談の窓口です。これらの病院は、全国どこにお住まいでも質の高いがんの医療が受けられるように、国や県が指定した施設です。指定された施設は、治療の内容や設備、がんに関する情報提供などについて、一定の基準を満たしています。

静岡産業保健総合支援センター(さんぽセンター)

静岡産業保健総合支援センターは、独立行政法人労働者健康安全機構が静岡県の産業保健に関する情報発信の基地としての役割を果たすべく設置した施設で、産業保健に関わる最新の情報を提供するとともに、いろいろな立場の方々からのご相談に対応しています。

事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン

厚生労働省が作成した「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」には、両立支援に当たっての留意事項や準備事項、支援の進め方が記載されています。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部医療局疾病対策課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2986
ファクス番号:054-251-7188
shippei@pref.shizuoka.lg.jp