風力発電施設の建設に係る環境影響評価手続について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1018009  更新日 令和5年1月13日

印刷大きな文字で印刷

法令に基づく環境影響評価

環境影響評価が必須となる規模(第1種事業)と、個別に判定する規模(第2種事業)は、下表のように規定されています。

法令

第1種事業

第2種事業

環境影響評価法 出力1万キロワット以上 出力7,500キロワット以上
静岡県環境影響評価条例 出力7,500キロワット以上 出力1,000キロワット以上

本規定は、法及び条例とも平成24年10月1日施行。

【法令に基づく環境影響評価手続事業】

静岡県風力発電施設等の建設に関するガイドライン

出力1万キロワット以上の風力発電施設を対象としたガイドラインです。
なお、平成24年10月1日以降に環境影響評価手続を開始する案件については、環境影響評価法及び条例に基づく手続を実施することとなります。(ガイドラインは適用されません。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

くらし・環境部環境局生活環境課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2253
ファクス番号:054-221-3665
seikan@pref.shizuoka.lg.jp