「ふじのくに文化財保存活用・推進団体」の認定

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1020646  更新日 令和5年1月11日

印刷大きな文字で印刷

過疎化・少子高齢化の中、地域の文化財を将来に継承する上で地域ぐるみ、社会総がかりによる文化財の保存・活用が求められています。

これには文化財の価値を十分に理解し、地域に根ざした活動を行う民間団体の力が必要です。

文化財の保存・活用に取り組む団体について住民の認識を広め、意欲ややりがいを高める「ふじのくに文化財保存・活用推進団体」認定制度を創設しました。

これまで、令和2・3年度に合計61団体を認定しました。

毎年度の3月頃に認定書授与式を開催しています。

認定団体一覧

「ふじのくに文化財保存・活用推進団体」の表彰

県は「ふじのくに文化財保存・活用推進団体」に認定された団体の中から、とりわけ活動に顕著な功績が認められた団体への表彰する制度を令和3年度に創設しました。

令和3年度は3団体(瀬名郷倉保存会、久野城址保存会、見付宿を考える会)を表彰することとし、令和4年3月28日に表彰式を開催しました。

令和4年度の推薦については次のリンクを御覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

スポーツ・文化観光部文化局文化財課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-3183
ファクス番号:054-250-2784
bunkazai@pref.shizuoka.lg.jp