感染症媒介蚊の定点モニタリングについて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1024237  更新日 令和5年1月13日

印刷大きな文字で印刷

平成26年のデング熱の大流行を受け、静岡県では平成27年度から、蚊の継続的な生息状況調査及びウイルス保有調査を実施しています。

平成28年度からはデング熱の原因となるデングウイルスに加え、ジカウイルス感染症の原因となるジカウイルスについても検査を実施しています。

これまでに判明した検査結果は全て、ウイルス陰性です。

蚊に刺されただけで過分に心配する必要はありませんが、屋外で活動する場合には、できるだけ肌の露出を少なくし虫よけ剤を使用して蚊に刺されないようにするなど、感染予防に努めましょう。また、海外の発生地に渡航する際には十分気を付け、帰国後、発熱などの症状がある場合には、医療機関を受診してください。

令和4年度の調査

令和3年度の調査

令和元年度の調査

平成30年度の調査

報道提供資料

平成29年度の調査

報道提供資料

平成28年度の調査

報道提供資料

平成27年度の調査

報道提供資料

写真:調査風景

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部感染症対策局感染症対策課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2986
ファクス番号:054-221-3716
kansentaisaku@pref.shizuoka.lg.jp