静岡県野生生物目録

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1017681  更新日 令和5年1月11日

印刷大きな文字で印刷

はじめに

この目録は、静岡県版レッドデータブックを作成するに当たって県内に生育・生息が記録された野生動植物のリストです。今後の静岡県の野生生物保護を進めるための基礎資料とするために作成しました。

県内に生息する野生生物は、15,225種類が確認されています(2020年3月31日現在)。

静岡県野生生物目録2020

対象分類群

県内に生育又は生息する、植物(維管束植物)、菌類、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、淡水魚類、昆虫類、陸・淡水産貝類、クモ類の10分類群を対象としました。各分類群における詳細な対象は次のとおりです。

植物・菌類

県内で記録のある維管束植物と菌類(子嚢菌・担子菌)の種、亜種及び変種を対象としました。

品種及び雑種は除きましたが、分布上、また、遺伝的、形態的に注目される種は対象としました。

動物

県内で記録のある種(分類学上亜種に細分される場合は、原則として亜種)を対象としました。

  • 哺乳類:海棲の種は対象外としました。
  • 鳥類:基本的に全種を対象としました。
  • 爬虫類:生涯のすべてを海域で過ごす種は対象外としました。
  • 両生類:基本的に全種を対象としました。
  • 淡水魚類:河川・湖沼の淡水域から汽水域にかけて生息するものを対象とし、淡水域や汽水域を生活環のうえで必要としない海産魚類は対象外としました。
  • 昆虫類:トンボ目、ハサミムシ目、ナナフシ目、カマキリ目、ゴキブリ目、バッタ目、カメムシ目、コウチュウ目、チョウ目及びハチ目(アリ科)を対象としました。
  • 陸・淡水産貝類:陸域、淡水ないし汽水域に生息する種を対象にしました。
  • クモ類:クモ類(真正クモ類)を対象にしました。

調査

調査体制

静岡県レッドデータブックの改訂に当たり、動植物に関する国内第一人者の監修をお願いするとともに、県内の野生動植物の専門家からなる「静岡県自然環境保護調査委員会」を設置し、その下に各生物分類群の専門部会を置いて調査、検討等を行い、県産種リストの作成・修正を行いました。

なお、県産種リストの作成は各分類群担当の専門部会で行いましたが、一部の分類群については部会員がまとめたリストを採用しています。これについては個人名を記載しました。

調査経過

平成9年度~平成13年度静岡県産種リスト作成・修正
平成14年度 静岡県産種リスト修正、静岡県版レッドリスト作成
平成15年度 静岡県版レッドデータブック発行
平成16年度 静岡県野生生物目録発行
平成29年度 静岡県版レッドリスト改訂
平成30年度~令和元年度静岡県レッドデータブック、静岡県野生生物目録改訂

静岡県野生生物目録(初版)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

くらし・環境部環境局自然保護課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2545
ファクス番号:054-221-3278
shizenhogo@pref.shizuoka.lg.jp