自動車税種別割のグリーン化

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1011892  更新日 2023年1月28日

印刷大きな文字で印刷

自動車税種別割のグリーン化の内容は次のとおりです。

重要:平成26年度税制改正により、平成27年度から、新車新規登録から13年(ディーゼル車は11年)を経過した自動車の税率が変更になりました。詳しくは、次の資料をご覧ください。

環境への影響が少ない自動車:自動車税種別割が軽減されます。

令和2年4月1日から令和3年3月31日に新車新規登録された自動車についての軽減措置は、令和3年度で終了しています。

令和4年度

令和3年4月1日から令和4年3月31日までに新車新規登録された自動車のうち

標準税率より概ね75%軽減

  • 電気自動車、燃料電池車、天然ガス自動車(排出ガス要件あり)、プラグインハイブリッド自動車
  • 以下の排出ガス基準を満たす営業用乗用車
    • ガソリン、LPG車
      平成30年排出ガス基準50%低減又は平成17年排出ガス基準75%低減達成車 かつ 令和12年度燃費基準90%かつ令和2年度燃費基準達成車
    • ディーゼル車
      平成30年排出ガス基準又は平成21年排出ガス基準達成車 かつ 令和12年度燃費基準90%かつ令和2年度燃費基準達成車

標準税率より概ね50%軽減

以下の排出ガス基準を満たす営業用乗用車

  • ガソリン、LPG車
    平成30年排出ガス基準50%低減又は平成17年排出ガス基準75%低減達成車 かつ 令和12年度燃費基準70%かつ令和2年度燃費基準達成車
  • ディーゼル車
    平成30年排出ガス基準又は平成21年排出ガス基準達成車 かつ 令和12年度燃費基準70%かつ令和2年度燃費基準達成車

(注)新車新規登録された翌年度のみ、軽減されます。

環境への影響が大きい自動車:自動車税種別割が重くなります。

令和4年度

ガソリン車、LPG車

平成21年3月31日以前に新車新規登録されたもの

バス・トラック

標準税率に概ね +10%

バス・トラック以外

標準税率に概ね +15%

ディーゼル車

平成23年3月31日以前に新車新規登録されたもの

バス・トラック

標準税率に概ね +10%

バス・トラック以外

標準税率に概ね +15%

(注)電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合用バス、被けん引自動車は対象から除外されます。

自動車税種別割に関するお問い合わせは、県財務事務所までお願いします。

軽減の対象となる自動車は、国土交通省のホームページで確認できます

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経営管理部財務局税務課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2043
ファクス番号:054-221-3361
zeimu@pref.shizuoka.lg.jp