• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ副知事室へ > 副知事 出野勉 > 出野副知事コラム

ここから本文です。

更新日:令和2年11月18日

左ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

出野副知事コラム

第8回『県産の花を贈ろうキャンペーンに向け、磯村勇斗さんが訪問されました』

11月5日(木曜日)、本県沼津市出身の俳優、磯村勇斗(いそむらはやと)さんがお越しくださいました。

磯村さんには、今回、「県産の花を贈ろうキャンペーン」のイメージキャラクターとして御協力をお願いし、そのご縁でお話をする機会を得ました。

このキャンペーンについて御紹介しますと、コロナ禍において、花の消費が低迷している中、このような状況を何とかしよう、また花の力で、少しでも世の中を明るくしようということで、花き業界の皆さんと協力し、『HANA、贈ろう。#87096(はなおくろう)』をコンセプトに、県内の主要駅や空港などでのお花の装飾展示や、SNS写真投稿によるフラワーギフト券プレゼントなどを実施するものです。

 

 

磯村さんは沼津市に住んでいた小さい頃から花に興味があり、現在も仕事柄お花をもらったり贈ったりすることが多いそうです。また、普段から花屋さんに立ち寄ったり、お部屋に花を飾っていらっしゃるとお聞きしました。部屋に花が飾られていると、朝、目覚めたときにふと目に入る花の美しさを大切に感じたり、リラックス効果を実感するとのことです。まさに今回のイメージキャラクターにぴったりで、大変心強く感じました。

 

 

今回のキャンペーンでは、12月のJR浜松駅を皮切りに、2月のJR静岡駅まで、静岡デザイン専門学校の学生さんや、県内フローリストと協力し、県産のガーベラやバラ、カーネーション、トルコギキョウ、キクなどを使った装飾展示を実施します。

 

皆さんもこれを契機に、花のある空間のすばらしさを再発見していただければと思います。

 

バックナンバー

第1回 『副知事就任に当たって』
第2回 『「新しい生活様式」の実践!動画メッセージの配信により会議を開催しました。』
第3回 『本県における多文化共生の取組』
第4回 『環境と健康を守る-環境衛生科学研究所の取組紹介-』
第5回 『障害のある方への支援~ふじのくに福産品サマーフェアの実施~』
第6回 『東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けた新たな出発について』
第7回 『ふじさんっこ応援隊、子育て支援について』

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?